ポラロイドカメラ:電子切替改造について

2015102101

 

現在発売されているフィルムについて

現在発売されているポラロイドカメラのフィルム(インポッシブルフィルム)は、低感度フィルム(SX-70用フィルム)・高感度フィルム(600用フィルム)ともにカラー・モノクロフィルムが発売されていて、それぞれの写りにも特性があり、フレームのカラーが違うものなど種類も充実しています。

 

低感度フィルム
FILM FOR SX-70

低感度フィルム
「SX-70」及び「SX-70 BOX type」で使用可能なフィルムです。カラーの現像時間は約30分、モノクロの現像時間は5〜10分です。
低感度フィルム|オンラインショップ

高感度フィルム
FILM FOR 600

高感度フィルム
「SLR680/690」及び「600 BOX type」で使用可能なフィルムです。NDフィルターを使用すれば「SX-70」でも使用可能です。カラーの現像時間は約30分、モノクロの現像時間は5〜10分です。
高感度フィルム|オンラインショップ

 

SX-70の切替改造とは・・・

現在「インポッシブル社」から発売されている「低感度フィルム(SX-70用フィルム)」と「高感度フィルム(600用フィルム)」の両方を使う事ができるように「電子基板」を改造し、スイッチで切替できるようにすることを言います。下の写真の部分の切替スイッチを「SX-70」の方にあわせると、シャッタースピードが遅くなり「低感度フィルム」対応になり、「600」の方にあわせると、シャッタースピードが早くなり「高感度フィルム」対応になるという仕組みです。

2014021702

 

切替改造のメリット

通常SX-70では、少し明るさが足りずシャッタースピードが遅くなり「手ぶれ」が心配な環境でも、高感度フィルムモードで撮影するとシャッタースピードが上がるため、撮影できる環境が増えます。また、SX-70のシャッタースピードの良さである「ふんわり」とした写り、600のシャッタースピードの良さである少し「カッチリ」した写りなどでも使い分けることもできたりします。あえて高感度フィルムを入れて、設定は低感度にしてシャッタースピードを遅くして、夜景の写真にチャレンジ!なんてこともできたりします。

 

切替改造をするには

当店では、この切替改造を行う前に、必ず全体の総合点検・内部清掃メンテナンスを行いますので、ぜひ一度もメンテナンスに出したことがないって方は、この選択肢も検討してみてください。修理と同様、実店舗への持ち込み・郵送どちらでも受付しておりますので、受付方法の詳細は下記リンク先でご確認ください。
 

郵送(オンライン)での受付 店頭(梅田ロフト店)での受付

 

切替改造の料金

¥18,000+税(送料が必要な場合はお客様負担となります)

修理と同時にお申込みの場合、18,000円(税抜)が15,000円(税抜)になります。