SX-70|オーバーホールについて

2014122001

SX-70をお持ちの方、オーバーホールってしたことありますか?
今回は特別に持ち主さんに許可を得まして、ご依頼いただいましたSX-70オーバーホールのビフォーアフターを大公開しちゃいます。こちらの記事は、写真をクリックすると大きめの写真をご確認いただけます。

外観

今回の主役はこのSX-70。持ち主さんは、オークションで購入したそうです。画面でパッとみた感じはキレイ?って感じで、シャッターボタンを押すと動作はしますので、使えないことはないです。

  • 外観before1

    Before

  • 外観after1

    After

  • 外観before2

    Before

  • 外観after2

    After

  • 外観before3

    Before

  • 外観after3

    After

  • 外観before4

    Before

  • 外観after4

    After

外観の汚れは、特別な知識がなくても行うことができます。外観の汚れも種類によっては、キレイにならないものもあるそうです。だいたい職人が見たら綺麗になるか判断できるそうなので、もし外観の汚れでお悩みの方は、修理のタイミングでご相談頂ければと思います。

内部

このSX-70は、特に内部の劣化がひどい状態でした。内部を少し開けてみるだけで、ホコリやカビが出てきました。こちらも、丁寧に分解清掃をしていきます。

  • 内部before1

    Before

  • 内部after1

    After

レンズ部分も、外から見ても一目瞭然なカビが・・・こちらも修理清掃していきます。

  • 内部before2

    Before

  • 内部after2

    After

ファインダーも非常に暗く、Beforeの状態では、室内では暗すぎてピントの調整が困難な状態でした。

  • 内部before3

    Before

  • 内部after3

    After

オーバーホールをする前と後では、レンズから取り込まれる光の量があきらかに違うことがわかります。

  • 内部before5

    Before

  • 内部after4

    After

補足

こちらのSX-70は、レンズやファインダーなど目に見える部分の汚れだけでなく、機械の部分が劣化しはじめていたらしく、その部分も清掃や調整などをしたりしているそうです。見えないところの劣化は、実際にカメラをあけてみないとわからないらしく、劣化が進むと修理ができなくなるそう・・・。これは怖いですよね。定期的に人間ドック受ける感じで、SX-70の健康診断もあまり使わないであろう時期に検討してみて下さい。

修理の受付(郵送)

修理の受付(実店舗)

当店で販売中のカメラも同等の基準をクリアしたものです

修理の依頼を頂いたカメラはもちろん分解してこうして調整しますが、on and onで販売しているものも、すべてこの過程を経て販売されています。on and onで販売しているカメラは、バイヤーが厳選して入荷した状態の良いもので、ファインダーなどもしっかりキレイなものが多いのですが、すべて職人がひとつひとつこの過程を経て、丁寧に新品同様に仕上げていますので、こちらの事例をご参考に、安心してご購入ください。

前に読んでいたページに戻る